早漏の原因を考える

	 medicine

早漏対策を考える前に、まず自分が何を原因に早漏となってしまったのかを考えてみましょう。
原因によって改善方法、対策方法は変わってきますので、まずは自身の症状と今一度向き合ってみることが重要なのです。

早漏となる原因は主に2種類あり、肉体的な要因と精神的な要因があります。
肉体的な要因は、性行為の経験が少ない、もしくはふだん包茎で亀頭が刺激に耐性を持っていないなどが挙げられます。
ふだん刺激に慣れていないことから、挿入時の刺激に耐えられずに射精してしまうのです。
精神的な要因は、「好きな人と性行為をする」という緊張や不安からくるものです。
また性行為に関するものではなくとも、ふだんから何かしたらのストレスや悩み事を抱えている場合にも早漏につながることがあります。

肉体的な要因を原因として早漏になっている場合は、包茎手術をしたり、刺激に慣れるためのスクイーズ法を試すなどの改善方法が考えられるでしょう。
精神的な要因を原因として早漏になっている場合は、抱えている不安やストレスのもととなるものを取り除き、心にゆとりを取り戻す必要があります。
このように、早漏の原因によって改善方法が変わってきますので、まず自分がどちらを原因としているのかを確認しましょう。

しかし、どちらにしても、これらの改善・防止方法では今すぐ早漏を改善させることはできません。
長期的に継続させて徐々に改善していくことになります。
そこで、「すぐ何かしらの対策をして、彼女と性行為がしたい」という場合には、薬を用いた薬物療法がオススメです。